Works About News
Copyright© Katayama DESIGN STUDIO All Rights Reserved.

第41回 東京モーターショー:日産ブース

2009/11/01

001
002
003
004
005
006
007concept-1
008concept-2
009concept-3
010concept-4
010concept-5
010concept-6

ロケーション:千葉
クライアント:日産自動車株式会社
エージェンシー:TBWAHAKUHODO
スタンドデザイン:方山裕一/稲留成人
(Katayama DESIGN STUDIO)
設計協力:日経PR
施工:日経PR
撮影:宮下明義(ニューフォトスタジオ)

※2010 DDA デザイン賞:入選

NISSAN New Booth Design for Grobal Motorshow Standard

Location: Chiba/JAPAN
Client: Nissan Motor Co., Ltd.
Agency: TBWAHAKUHODO
Designer: Yuichi KATAYAMA /  Naruhito INATOME
( katayama DESIGN STUDIO )
Collaborator: NIKKEI PR ADVERTISING CO.,LTD.
Contractor: NIKKEI PR ADVERTISING CO.,LTD.
Photographer: Akiyoshi MIYASHITA

 

DESIGN CONCEPT

この東京モーターショーを始めに、アメリカ/ヨーロッパ/アジア地域、
今後世界各地で開催されるモーターショーにて展開される日産ブースの新しいグローバルスタンダードデザインである。将来を見据えた新しいグローバルブランドコミュニケーション表現がデザインに求められた。

コンセプトは NISSAN AIR SEQUENCE 〜連なる空気/大気

日産が電気自動車等のクルマづくりで目指す「ゼロエミッション社会の創出」、地球環境問題に対する姿勢をブース外周を囲むように配されたファサード表現に託した。

モチーフは地球を何層にも連なり覆う大気「AIR」である。幾層にも重なり地球を抱擁する大気それぞれのレイヤーは果敢なくも薄い膜によって構成され脆弱でありながら…….美しい。

それは柔らかなシークエンスカーブラインによる軽やかな皮膜構造体により姿を表し浮遊し発光し生命エリアの境界線を形成する。内包されたのはシークエンスAIRリング。地球上における生命エリアでは、体感によってのみ得られる「AIR」〜空気/大気の存在を記号変換により可視化させたものである。

Nissan Booth for the 41st Tokyo Motor Show

At 41st Tokyo Motor Show, Nissan unveiled its new standard design of booth to be applied globally, in the US, Europe and Asian countries.  Nissan intended to appeal its new brand communication toward future via booth design.

“NISSAN AIR SEQUENCE, layered air / atmosphere” is the concept of the design.  The motif suggests “air” which piles up and layers to cover the earth.  Putting them in sequence on the floating membrane, the delicate beauty of the air embracing the earth is expressed.